ヨコヅナクマムシとナメック星人はみんなメス

2015051001

前回の続きです。ヨコヅナクマムシはメスばかりで、交尾なしで卵を産みます。オスとメスが交尾をして生殖することを、性が有る生殖ということで「有性生殖」といいますが、これに対してヨコヅナクマムシでみられのように交尾なしでの生殖は「無性生殖」とよばれます。上の写真にある黒っぽいボールのような物体が、横綱クマムシの卵です。体のサイズに比べてずいぶんと大きな卵を産むのです。

ところで、漫画『ドラゴンボール』でピッコロ大魔王は卵を口から吐き出して産んでいました。ピッコロ大魔王はナメック星人なのですが、かれらは性がありません。卵を産むのはメスの役割なので、かれら、いや、彼女らはメスなのです。ナメック星人は、ヨコヅナクマムシと同様に、交尾をせずに無性生殖をするのですね。

ヨコヅナクマムシを飼育していると、培地の上で多数の個体が一カ所に集まってじっとしている場合があります。そんな場所のまわりには、ほぼ決まって大量の卵が産みつけられています。ヨコヅナクマムシがなぜ、そして、どのようにしてお互いに集まっているのかは、まだ分かっていません。また、ヨコヅナクマムシ以外の種類のクマムシでは集合行動は確認されていません。

ヨコヅナクマムシが特定の化学物質に誘引することが分かれば、クマムシの行動学実験もできるようになるでしょう。