京都のヨコヅナクマムシ?!

IMG_1754

12月13日と14日に、堀川が京都で開かれたイベントいきもにあでクマムシの講演とクマムシグッズの出展をしました。

そのときに、クマムシの研究をされている木津高校科学部の方々とお話をさせていただきました。木津高校科学部では顕微鏡観察を中心としたクマムシの乾眠を研究しているそうで、生徒さんからもクマムシについての質問をいくつかいただきました。最近はクマムシの研究を行っている中学高校が増えているようで、クマムシ研究をする者としては、クマムシ研究の輪が広がって嬉しい限りです。

木津高校の校舎に生育する地衣類からは、茶色のクマムシがよく取れるということで、この地衣類も分けていただきました。さっそく地衣を水に浸してクマムシが出てくるか確認してみました。

IMG_1840

すると、いました。

IMG_1856

たしかに茶色のクマムシ。しかも、こちらで飼育しているヨコヅナクマムシにうりふたつ。見分けがつかないほど、よく似ています。お腹のところが少し緑色になっているのは、食べた地衣が透けて見えているからだと思われます。

このクマムシが飼育できるかどうか、ヨコヅナクマムシに与えているのと同じクロレラ工業株式会社の「生クロレラV12」を餌として育つかどうか、現在検討中です。どんどん増えることを願って・・・。