三重県鳥羽市にある鳥羽水族館。ダイオウグソクムシなど、ちょっと変わった生きものを展示している「へんな生きもの研究所」で有名です。

2015年夏から、ここにでヨコヅナクマムシも展示されています。クマムシ博士が鳥羽水族館カリスマ飼育員さんの森滝丈也さんにヨコヅナクマムシをおすそ分けしたのが始まりでした。

鳥羽水族館でもヨコヅナクマムシの飼育に使われているのは、クロレラ工業株式会社の「生クロレラV12」。ヨコヅナクマムシ以外にも、サンゴにあげて育つかどうかを確かめているのだとか。

生クロレラをサンゴ水槽に投入しました:鳥羽水族館飼育日記

鳥羽水族館でのヨコヅナクマムシ、子どもから大人まで人気は上々のようです。中京テレビのニュース番組「ニュース キャッチ!」でも、鳥羽水族館の特集コーナーでヨコヅナクマムシが取り上げられました。

3

そのうち、全国の水族館や博物館でクマムシが展示され、みなさんに可愛がってもらえる日が来ることを切に願っています。

10月に入り、朝晩すっかり冷え込んできましたね。

体調を崩しやすい季節なので気をつけていきましょう。

 

1

 

先日、山形県鶴岡市のとあるお寺にラボの皆さんと慰霊祭に行ってきました。

私たちが毎日研究ができるのは、さまざまな動物との関わりがあって出来る事です。

犠牲にの上に得られた情報によって、また新たな研究ができる。

これまでに犠牲になった動物・微生物に対し深い思いやりと感謝の気持ちをこめて

慰霊してきました。

 

2

 

これからも、実験に使われる動物、微生物に対し感謝の気持ちを忘れずに持ち、

精一杯研究していきます!