私たちの慶応クマムシ研究グループが世界に誇れる技術のひとつに「クマムシ大量飼育系」があります。現在進行中でアクティブに飼育中のクマムシもたくさんいますが、余分に増えたぶんのクマムシは人工的に乾眠にして保存しておきます。

これまでにコツコツとためてきたクマムシのストック。上の写真の丸いナイロンメッシュに乾眠クマムシが乗っています。その合計数は、ついに400万に。山形県と宮城県の全人口よりも多い数にまでなりました。その内訳はヨコヅナクマムシ35万匹、ドゥジャルダンヤマクマムシ230万匹、南極クマムシ・アクトゥンクス150万匹です。これはおそらく、人類の歴史の中でもっとも多くのクマムシを一度に保有した記録でしょう。

今後もこのクマムシ大量飼育系の開発を続け、世界におけるクマムシ研究の一大拠点として邁進していきます。

ご報告が遅れましたが、2015年12月に放映されたNHK『サイエンスZERO』の特別番組『教えて!生命の不思議 プレゼンスタジアム2015』に本研究室のクマムシ博士こと堀川が出演しました。

このプレゼンバトルには6人の研究者や科学コミュニケーターが参戦。それぞれがおよそ5分間の科学プレゼンを行い、投票数がもっとも多かったプレゼンターが優勝となります。クマムシ博士は巨大クマムシさんとともに「クマムシがいかに不思議な生物か」をテーマにプレゼンを敢行。その結果、なんと優勝してしまいました。

下は、MCの南沢奈央さんに優勝トロフィーを授与されるクマムシ博士と巨大クマムシさん。

66886_10206893459808054_7162625545641476703_n

1914621_10206893458328017_1367319267607045819_n

サイエンスゼロトロフィー

この優勝トロフィーは鶴岡の慶応大学先端生命科学研究所のクマムシ研究室に飾ってあります。研究所を訪れた皆さんは、ぜひ見に来てくださいね。